スポンサーリンク

御徒町 わが家

訪問日時 2019年5月中旬
店名   わが家
場所   御徒町
料金   VIPリンパ 70分8000円
術者

こんにちは、エステル・ケイジです。

かなり久しぶりの投稿ですね。
その間に平成から令和になり、ゴールデンウィークの10連休もあったりしましたね~。

マッサージにまったく行ってなかったわけではなかったんですがね、リピートばかりだったんでメモすら取ってませんでした。

ほぼ同じ内容ですからね。

特にサービスが過激になることもなく。

安定の内容。

そう、安定の内容・・・。

とりたてて何も書くことのない、安定の・・・。

 


これが倦怠期というのでしょうか?
なんだか飽きてきてしまいました。
安定の内容なのに。はずさないのに。

 

で、ときたま暑い日に御徒町にいたので、開拓いきますか!となりました。
ですが完全にリサーチ不足。スマホでポチポチ適当に数件ピックアップして・・・。さらに個別に検索・・・。
おお、そのうちの一軒は私がレポしてる(笑)
行ったことを完全に忘れるんですね。随分たってるし、他がすぐに入れなかったら電話かな。

で今回はタイトルの「わが家」に決めて、駅から電話します。

電話口にはアジアンな女性が出ました。日本語も大丈夫です。
すぐ大丈夫とのことなので、すぐに向かいます。お店は他のマッサージ店も入ったビル。違う階の店には行ったことあるし、確かいい思いしたはず。期待していいかな。

お店に入ってメニュー見てると、ほぼ同時に予約客が来店。
ママさん、まずはそちらの対応。◯◯ちゃん2時間だそう。

へー、◯◯ちゃんね。メモメモ。

 

ママさんにコース告げて支払うと真ん中のカーテンを開いて案内されました。
入り口から視界一杯にカーテンだらけのお店なんですね。

つまり、壁が無い。

つまり、話し声が筒抜け。

つまり、間抜けな会話はしにくい。

 

私のお相手はホームページの一番熟な方かな。ちゃんと写真も載せてるし良心的なお店ですね。技術重視の方なら問題なし。マッサージを受けにいってるんですから!

つまり、私も大丈夫。

なんですが、

玄関でニアミスした方のご指名してた若い女の子を見ちゃった後なのでハズレ感半端ないです・・・。
でも、おっぱいはでっかいです。

 

部屋に入ると、とても小声で服を脱ぐようにいわれます。
ここからは全てひそひそ声です。CIAかFBIに盗聴されてるんでしょうか。

穴あきベッドには紙パンツも完備。
ちゃんと履かないとダメなようです。

うつ伏せで施術開始です。

 

始まるとすぐに、スッゴク顔を近づけて、

スッゴクですよ、スッゴク。

今日のコースは、ここから~ここまで、の背中と前です。いいですか?

と言いながら膝の裏側から腰辺りまで撫でます。

小声で「いいよ」

あんなに顔を近づけて話すなんて、何かあるって思っちゃいますな。

 

軽く指圧するとすぐに、

オイルつけまーす

しゅるり、ぬるり。

しゅるり、ぬるり。

 

すぐに膝の裏からお尻までオイルまみれになります。

そのまま紙パンツの中にも

しゅるり、ぬるり。

しゅるり、ぬるり。

 

しばらくすると、足もカエル開きにして

しゅるり、ぬるり。

しゅるり、ぬるり。

 

 

 

 

・・・いまいち・・・か。

 

何がいまいちかというと、当たりかた。
スティックの根本と袋に腕手がかする。
けど、スティックの中ほどから先っちょには決して当たらない。

この「当たりかた」っていうか「当てかた」はアレだね。

アレ!

そう!

普通のなでしこエステ店。

いや、若くてピチピチした子と個室でまったりキワキワ施術を求めてるならいいんですが、

ナニをアレしてもらって、
もしかしたらピーもですか?
この金額で?
ここは大当たりですか?
ここは天使のお家ですか?

ってのを求めて来てるんでね。

(うそです。普通にマッサージをしてもらいに来てます。)

 

 

リンパマッサージはそのまま続きます。

ふと気が付くと、ほぼ同時に入ったお客さんは隣だったんですが、おもむろにカーテン越しからイビキ声が。

二時間のご指名をしたお客さんがいびきをかいて寝てるこの状況。

私もまったりマッサージを堪能して帰る覚悟を決めます。

 

そんな当たり前のことを思っていると、スッゴク顔を近づけてきて

仰向け

さあ、どーなるか。

しゅるり、ぬるり。

しゅるり、ぬるり。

 

あー、同じですか。
これは無いですな。
とりあえず紙パンツ越しには当たりまくりです。
指先は軽く間違って入ってきますが、肝心のところまでは突っ込んできません。


もんもんとしてると時計のベルが。

終わったか。

そう思ってると、お姉さんはすぐにベルを止め、戻ってくるとおもむろに紙パンツを・・・

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

体を私にぴったりとくっつけて、片方の手で袋をもみくちゃにします。

もちろんスティックはギンギンです。

残ったもう片方の手が私の手をつかみ、でっかいおっぱいに・・・

 

行くと思いきや、スティックに!

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

久しぶりですな。このシステム。
初心に帰った気持ちです。

そこからの攻防はあまり書けませんが、

 

お姉さんの手が私の手を私のスティックに

私の手がお姉さんの手を私のスティックに

お姉さんが手を引くと私も手を止めちゃう

以下、繰り返し

 

もう一度時計のベルが鳴ったところで、お姉さんとスティック挟んで握手しながらの共同作業で終了となりました。

 

いやいや、暑くなってきたから洗体と思ってたのに洗体じゃないお店。
次回こそ洗体店に行きたいと思います。

久しぶりなのに低くて申し訳ありませんが、

65点でお願いします。

悪くないお店だと思いますし、違うコースも試していいと思うんですけどね。リピートでも違いそうですし。
ですがやはり会話つつぬけのお店は、シャイな私としては・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする